ガラスコーティングとは?

 クォーツガラスコーティングは半導体の絶縁膜として活用されていたガラスコーティング膜を 自動車ボディ用に改良したもので1999年に発売となりました。 クォーツガラスコーティングの発売以来、 自動車用コーティング剤として徐々にガラスコーティングという言葉が流行り浸透してきましたが、 現在でも純粋な無機質のガラスコーティングは数多くありません。 株式会社オアシスではガラスコーティング本来の本質にこだわりながら、 より効果の高いクォーツガラスコーティングを目指し、技術研究に取り組んでいます。

パーヒドロポリシラザン(無機質のポリシラザン)が主成分のクォーツガラスコーティングは、 スプレーコーティングにより大気中の水分と反応しシリカガラスに転化します。 1ミクロン以下の薄い無機質のガラス膜で覆われたコーティング面は油性の汚れを寄せ付けにくく、 長期間保護されることとなります。 自動車のボディで考えると、クォーツガラスコーティングが施工された塗装表面は、 排気ガスや煤煙など油性の汚れを塗装表面に入り込まず、 コーティング面に付着する汚れを 水洗いで簡単に落とすことができるので、いつも汚れにくい車を実現させるのです。 形成されるシリカガラスは無公害で焼却されても埋められても熔解されても問題がなく、 また高い防汚機能により洗車回数を減らすことから環境を配慮した商品と言えます。

ガラスを塗装する新発想

 私達は「ガラスを塗装する」という新しい考えで、コーディングを提案します。
従来、コーディングといえば撥水性が主流でした。撥水効果を発揮する油成分は、水ははじくが、当然油になじみやすい性質を持っています。
 つまり汚れが付着しやすく静電気を帯びやすいため、他の汚れを吸い寄せてしますい、結果的にボディーを汚しています。
 そこで注目させたのが、親水性コーディング。中でもクォーツガラスコーディングは、親水効果に優れるガラスを利用している点が画期的です。
親水性のため、付着する汚れは水性がほとんどで、油性の汚れは寄せ付けにくく、仮に汚れが付いても、雨や水洗い程度で簡単に落とすことができるのです。

クオーツ 5大特徴

1.クオーツテクノロジー
常温で瞬間硬化します。即座に水をかけても問題はなく、約1週間~2週間でガラスへと転化します。 (完全硬化は約1ヶ月)
2.長期間の耐候性
クォーツ・ガラスコーティングは石英ガラスの硬度を保ちますので、10年以上の耐候性があります。(環境・用途により異なります)
3. メンテナンスフリーの親水性
クォーツは親水性塗膜ですから、都市型の油性の汚れは寄せ付けず、付着しやすい水性の汚れは水をかけるだけで簡単に落ちます。必要に応じて専用メンテナンス剤のみお使い下さい。
4. クォーツは様々な車輌に施工可能です。
クォーツはバス・キャンピングカー・特殊車輌・クルーザー・バイクなど、吹き付け施工により、対象は無限大に拡がり、優れた密着性を示します。また1,300度の耐熱性がありますので、オールラウンドにコーティング可能です。
5. クォーツは環境に優しいエコ商品です。
フィールド・クオーツコーティングは、自然界の石英と同じですので、破棄しても無害です。また、洗浄排水を大きく減らしますので、地球に優しい商品です。

 

Copyright(c) 2012 ガラスコーティング|クリスタルカーケア K3. All Rights Reserved.